アシブネシステム

アシブネシステムの提供開始

中小企業を中心にM&A支援や経営支援に取り組む株式会社アシブネは、このたび、廃棄物一元管理システム『アシブネシステム』の提供を開始しました。

当社は設立以来、M&A支援や経営支援に取り組んでまいりましたが、企業の産業廃棄物に対する管理不足の現状を課題に感じておりました。廃棄物を排出する企業は、廃棄物処理法に則った適切な対応が求められます。

※ うっかり法令違反をした場合は、担当者個人(総務責任者等)と法人の両方が罰則対象となります。

「Zero Waste to Landfill」や「UL2799」対応を支援する

また近年、アメリカの認証機関「Underwriters Laboratories Inc.」(アメリカ保険業者安全試験所/通称:UL)が主導する「Zero Waste to Landfill(廃棄物の埋立処理ゼロ)」プログラムが、環境配慮の観点から国際的な拡がりを見せています。

「Zero Waste to Landfill」は、ULが策定している「UL2799」の認証取得を製造会社や建設会社等のサプライヤー各社に求める取り組みです。「UL2799」は、廃棄物の発生を最小限に抑え、可能な限り再利用、リサイクル、エネルギー回収等の手段を用いて廃棄物処理を行うことで取得することができます。

「UL2799」を取得するためには、大まかに下記のプロセスが必要となります。

① 廃棄物の排出質量、有価物の売却重量、専ら物(リサイクルを目的とした廃棄物)の質量等、排出している廃棄物の動きを正確に把握する。

② 埋立処分ゼロを達成するために、埋立及び焼却以外の方法で廃棄物の90%以上を転換するよう対策・改善する。

アシブネシステムは、全拠点の廃棄物・有価物・専ら物(リサイクル品)の動きや質量を一元管理することができるため、上記①番のプロセスにおいて大きな役割を担うことができます。

またアシブネシステムは、インターネット環境とパソコンさえあれば利用することができる手軽さと、廃棄物のプロだけでなく初心者の方にも使いやすい、電子マニフェスト対応のクラウドシステムです。営業所や事業所ごとの管理を統一したい、UL2799をはじめとするUL規格の認証を取得したいという経営者様や総務担当者様の強い味方となります。

是非お問い合わせください。

アシブネシステムのパンフレットデータ

『アシブネシステム』のパンフレットデータ(PDF)は以下よりダウンロードできます。

ASHIBUNE SYSTEM(アシブネシステム)パンフレット

 

アシブネシステムの特徴

① 導入の手軽さ

弊社が導入支援を行うため、スムーズな導入が可能です。

※拠点数や廃棄物の量によっては時間を要します。

 

② 低コスト

クラウドシステムのため、初期費用やランニングコストを抑えることが可能です。また、脱属人化で業務効率も上がり、コスト削減が期待できます。

 

③ 経営基盤の強化

アシブネシステムは経営基盤の強化に役立ちます。

  • 廃棄物管理の強化
  • コンプライアンス強化
  • 本社管理能力の向上
  • DX化による作業の効率化
  • 企業イメージの強化(SDGs)

 

実際の使用イメージ

■ 各拠点の収集運搬・処理状況の一覧確認

いつ、どこで、どう処理されているか、業者が処理するたびにステータスが更新されるため、本社責任者が一覧と詳細画面より一目で確認することができます。

 

■ トレース機能

収集運搬・処理業者がスマートフォンで廃棄物を撮影しアシブネシステムに反映させるため、正しく収集・運搬・処理をしているか、トレース機能で証跡を確認することができます。

 

本件に関するお問合せ

以下「無料相談・お問い合わせ」ページよりお問い合わせ下さい。

※「アシブネシステムに関するお問い合わせ」とご入力ください。

無料相談・お問い合わせ

© 2021 Ashibune Co.,Ltd