社名の由来

 

株式会社アシブネ

 

アシブネ = 葦船(葦舟)

 

アシブネという社名は、世界で最古の船と言われている「葦船」からきています。

葦船は、葦(パピルスやリード)という植物を縄で束ねて造られる極めて原始的な船です。古代エジプト文明やティワナコ文明にも記録があり、これまでに発見された最古の葦船は7000年前のもので、クウェートで発見されているとのことです。

さらに葦船は世界各地の神話にも登場し、日本では「古事記」の中にも登場します。

このように葦船は人類の歴史において最古の乗り物と言っても過言ではなく、まだ見ぬ未開の地を目指すために生み出された知識・知恵・工夫・情熱の結晶です。このベンチャー精神の起源とも言える葦船が、私たち株式会社アシブネの社名の由来です。

株式会社アシブネという社名には、社員全員が知識・知恵・工夫・経験を総動員して「企業の物語を未来へ運ぶ」ことに全力を尽くすという想いを込めています。

 

こちらもどうぞご覧ください。

会社案内 会社概要 代表挨拶

© 2021 Ashibune Co.,Ltd